WEB会議システム☆比較サイト

これからの時代はWEB会議

ITが世の中を張り巡らせている中、仕事をするにも欠かせない存在になりました。さらに、コストを削減する事ができるようになり、ますますITの存在は重要性を増します。コスト削減に対し、日本各地に支店などを持っている企業は多くある事でしょう。全体会議をする際に、本店に集まり会議というのはもう古いです。これからは、コスト削減をしながらWEB会議です。

当サイトでは、WEB会議システムを多くの他社から比較できるサイトを運営しています。システムさえあれば、会議もスムーズ化しますし、余分な時間を割くこともありません。交通費用や宿泊費なども軽減されますから、検討する価値があります。

今や、WEB会議は多くの企業が取り入れていて、時間と経費削減にも役立てています。システムを比較しながら当サイトで検討をしてみてはいかがでしょうか。新しい時代に沿う為にも、ITは欠かせない存在でもあり必須です。

FRESH VOICE

公式サイトはコチラ

POINT

用途に合わせて選択できる複数のシステムがあります
ソフトをインストールしないブラウザタイプもあります
必要に応じたカスタマイズも可能です

一口でWEB会議と言っても使い方は利用者側によって様々です。FRESH VOICEでは希望に細かく応えられる複数のWEB会議システムを用意しています。どれが最も適しているのかを比較して検討しましょう。

スタンダードなタイプはパソコンやスマートフォンなど色々な端末に対応していて、簡単な操作で様々な機能を使用することができます。そのライトバージョンはブラウザを使用するため、ソフトをインストールしていない端末でも使用可能です。その他にもテレワークやセミナーなど、独特の使い方に特化したシステムがあります。

また自社開発のシステムだという点を活かして、細かなカスタマイズも可能です。ブラウザや専用端末を使用してクライアントの説明に使用したり、音声通話に映像を加えてサポートするなど様々な機能があります。

MeetingPlaza

公式サイトはコチラ

POINT

大小様々な会議に対応できるシステムがあります
各地にある拠点を使って世界中で利用できます
スムーズに進めるための音声配信形式があります

参加する人数などで規模が変わるWEB会議に、柔軟に対応できるのがMeetingPlazaが提供するシステムです。そのためにディスプレイの中に話している人を大きく映し出したり、均等に細かく表示するなどのアレンジが可能です。

ビデオ通話は最大で128もの拠点を結ぶことができ、世界中に拠点があるので結べるのは日本国内のエリアに留まりません。また録音・録画機能も付いているため、会議内容を記録するために他のサービスを使用せずに済みます。

多くのWEB会議は接続数が多いとその分音声の量も多くなるので負荷が大きくなります。しかしMeetingPlazaは拠点ごとに音声を合成してから送るため、比較的スムーズに進められます。

ブイキューブ

公式サイトはコチラ

POINT

画面分割や共有など会議に欠かせない要素は基本性能に含まれます
ブイキューブ内の他サービスとの連携も可能です
導入されているテレビ会議にも接続できます

パソコンやスマートフォンに簡単に導入できるWEB会議システムには、ただ会議の代わりとしてだけではなく、テレワークなど幅広い活用方法があります。そしてブイキューブはそれらを想定したシステムの提供を行なっています。

基本的な性能には画面を参加人数に合わせて分割したり画面を共有するなど、会議に必要なものが一通り揃っています。そして一般的なWEB会議と比較すると、ブイキューブ内の他のサービスと連携させたり柔軟なカスタマイズができる点が優れています。

また日本国内だけでなく海外との通信ができるプランであったり、システムを刷新することなく既に導入してあるテレビ会議への接続できる機能などを利用して、用途の幅を広げることも可能です。

ブラザー

公式サイトはコチラ

POINT

専用機器が不要で、お手持ちのパソコンやスマホで始められます
高画質や高音質、安定通信を維持することができます
あらゆる資料を画面で共有することができます

ブラザーはWEB会議システムを提供していて、インターネット回線やお手持ちのパソコンですぐに始めることができます。iPadやiPhoneといったiOS端末やAndroid?端末でも標準で対応することが可能です。スマートフォンやタブレットなどでも利用することができ、画質は業界最高クラスになります。フルHDに対応していて、エコーキャンセリングやノイズキャンセリングなどによるクリアな音声を安定通信で利用することができます。

デスクトップ画面やエクセル、パワーポイントといったドキュメントに対応していて、動画ファイルなどの資料を画面共有することができます。同時編集することができ、他のシステムと比較しても使い勝手が良く扱いやすいシステムです。

国際的情報セキュリティ規格のISMS認証を取得していて、高度な暗号化方式に対応しています。業界標準の暗号化方式に準拠しており、高い安全性を確保しているシステムです。

RemoteMeeting

公式サイトはコチラ

POINT

操作が簡単なWEB会議のシステムを提供してくれます
便利な機能が豊富なので効率的で快適なWEB会議が実現します
企業向けの14日間無料トライアルが申し込めます

こちらのRemoteMeetingは、簡単かつスピーディーにWEB会議を行うことができるシステムを提供してくれると人気です。PCやIT機器の操作が苦手な人でもスムーズにWEB会議が行えるので、安心して導入できます。

議事録やドキュメント共有、チャット、録画など便利な機能が搭載されているため、効率的なWEB会議が実現します。また、プログラムのインストール作業が不要な上、ソフトウェアのアップデートも不要なWEB会議のシステムなので面倒な手間がかかりません。さらに、新規で導入するときや乗り換えの際のコストや負担が削減できるメリットも実感できます。

企業向けで14日間の無料トライアルを行っているため、他と比較したり、実際に試してから導入を検討できます。もちろん、電話で購入前の相談も受け付けてくれますし、テクニカルサポート専用の電話番号も用意されているので安心です。ちなみに、土日祝日を除いた10時から17時まで営業しています。

sMeeting

公式サイトはコチラ

POINT

様々な端末からアクセスできるクラウドタイプです
必要に応じて契約するライセンスの数を調整できます
端末にデータを残さないセキュリティ性です

ソフトのインストールやパソコンに入っているブラウザの使用など、WEB会議にはいくつもの形式があります。そしてその中でsMeetingが提供するのはクラウドを使用したシステムで、パソコンやスマートフォンなどから簡単にアクセスできます。

他の形式と比較してクラウドタイプはインターネット上にシステムがある形なので、必要な数だけライセンスを取得することで会議の規模を調整できます。そしてライセンスは、ひとつのライセンスを1ヶ月に2,000円程度で利用可能です。

セキュリティ面に関しても、端末にデータを残さないというクラウドタイプの強みが活かされます。末端から漏えいするリスクが少ないので、機密情報を取り扱う重要な会議にも使用可能です。

今の時代のWEB会議のシステムはとても使いやすい

昔に比べても、今の時代はWEB会議のシステムが非常に使いやすくなっているので、興味があるならぜひとも使いこなしてみると良いでしょう。例えば、WEB会議のシステムに関して提供してくれる業者なども、たくさん存在しています。これから特定の会社で働きながらこれを導入したいと感じているなら、その類の業者をうまくピックアップするのが必要不可欠です。もちろん、業者を通さずとも、無料のアプリケーションを使って導入することができます。ただ、そのやり方だと利用できる機能に制限が出てくる可能性があるので気をつけておきましょう。細かいところまでしっかりと使いこなしたいと感じているなら、ある程度お金がかかっていても、有料のシステムを購入し、それを利用するように心がけたほうが無難です。

ちなみに、インターネットを利用すると、全国規模で活躍している業者に目を向けることができます。これなら、WEB会議のシステムを提供してくれる業者に関しても、すぐにピックアップできるはずです。口コミ情報をチェックできるサイトもたくさんありますし、人気ランキングサイトなどもたくさんあるので、見逃さないように心がけておきましょう。そこである程度の名前が頻繁に見かけられる有名な業者は、利用価値がとても高いといえます。特定の業者のホームページを見ると、どのような特徴を持っているのかがすぐにわかるはずです。様々な業者の特徴をチェックして比較することにより、コストパフォーマンスの良い所が一体どこになるのか、それがわかるようになるでしょう。最低でも予算内で利用できるところを選ぶことが肝心です。

ちなみに、WEB会議のシステムを利用するときは、確かに比較的利用しやすいものの、必要となる周辺機器等を前もって購入しておく必要があります。例えば、相手に声を届けることになるので、インカムマイク等は早い段階で購入しておきたいところです。ただ、今の時代は、WEB会議のシステムに対応するために、スマートフォンやパソコンにデフォルトでウェブカメラなどが搭載されていることが多いでしょう。ある程度無料で利用できるシステムがデフォルトで搭載されていることすらあります。非常にメジャーなシステムになったと言っても過言ではないので、まずはこれらのシステムをうまく使いこなすことが大事です。それだけでは機能的に物足りなくなってしまったと感じたら、そこで初めて有料のシステムに目を向けるのが良いでしょう。

ページトップへ